ホーム > > 新聞・日記・他の印刷物・その他 >

日本村 (ハイドパーク) ロンドン タンナケル(タナカー)・ブヒクロサン

希少なチラシ

日本村 (ハイドパーク) ロンドン タンナケル(タナカー)・ブヒクロサン 希少なチラシ
▲ クリックすると大きい写真ご覧できます ▲

日本村 (ハイドパーク) ロンドン タンナケル(タナカー)・ブヒクロサン 希少なチラシ

日本人のすべてが流行していたの時代を利用して、やや謎めいた起業家、タナカー・ブヒクロサン(おそらく1859年に初めて日本に来て、本名はフレドリック・ブレックマンというオランダと日本人の方)が作った日本の村。フランスと日本政府の間の軍艦取引で横領の問題で日本から逃げました。ロンドンのハイドパークでは、1885年1月から1887年6月まで訪問者が歓迎され、100万名以上が訪れ大成功を収めました。 1885年5月に火事で村の大部分が破壊されましたが、再建された施設が「...可能な限り耐火性」であると記載されているため、1885年12月に再建されました。

 

ロンドン。ジェー・マイルス社。明治18年12月。

 

26.4 x 20.7糎(折りたたんだ時)。

 

良好。各端傷み少々あり。

 

e33101054


 

 

日本村 (ハイドパーク) ロンドン タンナケル(タナカー)・ブヒクロサン

価格: ¥143,000 (税込)




この商品についてメールする >