ホーム > > 新聞・日記・他の印刷物 >

上海商人エドワード・キングの長崎と寧波への旅日記

長崎開港前に書かれた重要な日記

上海商人エドワード・キングの長崎と寧波への旅日記 長崎開港前に書かれた重要な日記
▲ クリックすると大きい写真ご覧できます ▲

上海商人エドワード・キングの長崎と寧波への旅日記 長崎開港前に書かれた重要な日記

上海を拠点とするアメリカの絹とお茶の商人であるエドワード・キング(c1817-1875)によってほぼ確実に書かれたユニークで重要な資料。最初の部分は、1859年3月15日に始まり、4月6日に戻った上海から長崎への出発についての話。船上でのひどい食べ物について言及し、長崎では税関当局、通貨の変更の難しさ、絹製品、買い物、酔った中国人の通訳(名刺が日記に貼られている)、そして重要なことについて書いています長崎自体と出島の説明。また、長崎の人々、いくつかの習慣、そして娯楽についても書いてある。2ページの英和語彙を書いた。寧波への旅行(1859年4月28日から5月12日)で、自分が見たものと茶畑への訪問について説明します。キング氏は旅行した船の名前、船長、そして出発日と到着日について言及しました。乗客は少ないため、当時のノース・チャイナ・ヘラルドという新聞の乗客リストは、エドワード・キングが4回の航海のうち3回で指名された唯一の乗客であったことを確認しています(寧波から上海への彼の最後の航海への言及は見つかりませんでした)。長崎にいる間に購入したさまざまな木版画と、長崎の折り畳み地図とピン留めされた日本の財務省証券も添付されている。おそらく、博物館以外1859年7月以前の長崎日記だけです。

 

長崎:46pp、英和語彙2pp、貼り付ける木版画25pp、折りたたみ地図1枚、劇場木版1枚。寧波:41pp、空白ページ26pp、木版画2枚。17.9 x 11.5糎。

 

良好。経年の傷み少々あり。木版画は日記よりわずかに大きいので、端が曲がっています。地図には数ヶ所穴があります。

 

b33040934


上海商人エドワード・キングの長崎と寧波への旅日記
❌ 売り切れ




この商品についてメールする >